カテゴリー別アーカイブ: つぶやき

防風通聖散ってどれがいいんですかね?

最近、防風通聖散の商品って色々あるじゃないですか?

各社さんから色々な商品が出ていて、はっきり言って違いがわからない!どれがいいのか比較するサイトはないのかーって思ってたら、、ありましたw

防風通聖散|各社商品を徹底比較

ナイシトールやコッコアポ、有名な商品の違いを丁寧に説明してくれてます。

ご購入の際の参考にしてください。

ちなみに一番のおすすめは生漢煎防風通聖散という商品みたいです。

その理由は満量処方。

満量処方って何?って方は↓を見て貰えばわかります。

http://生漢煎防風通聖散比較.com/

肥満気味の方は是非一度お試ししてはいかがでしょうか?

最近肩こりがひどいのでどうしたものか

皆さんは肩こりなどしませんか?
私は仕事でパソコンを長時間使用していたり、本をよく読むので肩がこります。それが最近より顕著になってきて。毎日お風呂に入ってマッサージしてから寝るのですが、朝起きても肩が「ズシーン」って感じです(笑)。慢性的になってきてしまって。
それで、たまたまテレビを見ていたら元なでしこジャパンの澤穂希さんが出演されている医薬品のコマーシャルがやってたんです。
それでちょっと気になって調べてみたんですけど、1日1回飲むだけで肩こり、腰痛、関節痛等が改善されるらしいです。リョウシンJV錠っていう商品なんですけど、このサイトが参考になりますよ。
歳をとると関節の軟骨がだんだんすり減ってきて、関節の痛みが慢性的になってくるのだとか。恐ろしいですね><
値段も割と良心的だし、試しに始めてみようと思います。効果はおってレポートしたいと思います。

運に愛される人を読んで

最近、寒くなってきました。特に今日は将軍様がいらっしゃるとかニュースで盛んに言ってましたね。
あ、将軍様って冬将軍のことですよ(笑)

私は雪国で育ったので、寒さに耐えるのは慣れてます。夏の暑さは本当に嫌いです。私の場合、夏は思いっきりはっちゃけて、冬はこじんまりと小説でも読みたい人です。

最近、某知人からとある一冊の本をお借りしました。
タイトルは運に愛される人。
タイトルからしてすごく興味深い本です。

私は心の栄養不足を深く痛感してるので、本は、こんな私の乾いた心に栄養を分け与えてくれます。わたしは基本的に一人で過ごすことが多いです。言い方を変えれば友達が少ないのですが、別に友達が欲しいとも思いません。
世の中ににはたくさん人がいるけど、自分と合う人間なんてそうそうにいないんですから。でも、本を読んでると、自分に似た人物がたくさん出てきて楽しいんですよね。

花輪和一の「刑務所の中」。入りたくないけど、ちょっと覗いてみたい人に。

私が最近読んだ本で、結構印象的だったものです。
作者の花輪和一さんが実際に刑務所に居たときのことを元に描かれた漫画です。

刑務所の中

花輪さんはモデルガンの改造のしすぎで銃刀法違反で逮捕されてしまい、刑務所で過ごすことになってしまったのですが、私が想像していた「刑務所の中」という、どん底のような重さはあまり感じなく、ある意味の暗さはあるのですが、微妙にコミカルに表現されている気がします。

すごく緻密な絵柄で塀の中の部屋や、ドアのないトイレから作業所まで細かく描かれていて、写真はもちろん、スケッチも持ち帰ることは禁止なので、これがそこに居た時の記憶だけを元に描いたのだと思うと、なんだか途方もない気持ちになります。

食事は3食あるのですが、甘いものを食べる機会がとにかく少なく、それを楽しみにするおじさん受刑者たち。
普段の生活で欲しいものが24時間いつでも手に入る私たちからは想像もできないことですよね。改めて日常のありがたみを感じることができます。

刑務所内でたまにあるパンの日に、コッペパンにマーガリンと小倉餡をはさんで食べたときに脳が溶けそうになるという表現、羨ましい。羨ましくないけど、羨ましいと思ってしまう(笑)

刑務所の中はこんなに酷いんだぞ!という主張のようなものはあまり感じず、ただ「そこで過ごした日々のこと」が描いてある中身です。

ですが印象的だったのが、もうすぐ外に出られる受刑者の一人が「外に出るのが怖い」というところ。
こういった思いが、もしかしたら再犯に走らせてしまうのかもしれませんね。

高原リゾートで、出会った揚げだしトマトの味

先週行った居酒屋で、「トマトのおでん」という珍しいメニューを食べたんですが、それが結構いけてる味でした。

そのトマトおでんを食べた時、去年の夏に裏磐梯の星野リゾートのレストランで食べた揚げだしトマトがとても美味しかったのを思い出しました。

丸ごと一個のトマトに衣をつけてサクッと揚げ、だしを絡めた一品で、コース料理の途中で出てきたものですが初めて食べて衝撃を受けました。

揚げだしトマト

元々、揚げだし豆腐は好きなメニューですが、中身がトマトになると、その酸味がスパイスのように効いて、豆腐より味にメリハリが出てきます。

肉厚のトマトはジューシーで、衣の油にほどよくなじんで、さっぱりとした味わいです。
食感も、サクッとした衣と肉厚なトマト、だしの混ざり具合で、いろいろ楽しめます。

口の中にトマトが広がり、トマト丸ごと1つをあっという間に平らげてしまいました。
素材のトマト自体も、地場産の太陽の光を浴びて育った新鮮でおいしいものなのだと思います。

余談ですが、夏だったので、温泉の出口でかき氷のサービスを受けました。その時のおすすめがトマトのシロップでした。
最初は、トマトのシロップなんて青臭いのではと半信半疑でしたが、自然な甘さが、イチゴシロップよりおいしかったのを覚えています。

現在はホテルの経営も変わったそうなので、このメニューが今もあるかどうかわかりませんが、あればまた食べてみたい一皿です。

バス育って知ってますか?

小さいお子さんをまいにちお風呂に入れなければいけないのは、すごく大変だと思います。
だけど子供って、お風呂が大好きですよね。
赤ちゃんもお風呂に入っていると、すごく気持ちの良さそうな顔をしてくれるので見てるこっちも幸せな気持ちになります。
そんなお風呂の時間、たった数分のことにも思えるかもしれませんが子どもを育てる上では大切な時間という考えが広がって来ているそうです。
その名も「バス育」です。

ジョンソンバス育

子供と触れ合うことや匂い、お湯の音や優しく語りかけることでお風呂でスキンケアしながら五感も一緒に育てましょうというものなんです。
特に赤ちゃんは、たくさん話しかけてもらったりすると2歳までにより一層言葉ら表現力が豊かになるんだとか。
たくさん話しかけて、赤ちゃんのいろんな表情や言葉を聞けたら嬉しいですよね。

それに、お風呂はやっぱりリラックスできる時間。
あったかいお湯に入っているとなぜか、その日あったいろんな出来事を素直に話せるようになったりするんですよね。

まだまだ知られていないバス育。
もっともっとみんなに広がって、お風呂の時間がかけがえのない時間になればいいなーと思います。

ファミリーマートの生とろプリンを食べてみたらまるで・・・。

なにか今日はプリンが食べたい!と家から近いのでファミリーマートへ行きました。
すると生とろプリンというものを発見!
ここのファミリーマートへはよく来ますが、売ってるのを初めて見たのでこのプリンに決定。

ファミマ生とろプリン

こういうカラメルが別になっているプリン、数年前に一時期ハマってよく食べてたんですよね。
最近のこういうタイプのプリンは、数年前に比べて進化したんでしょうか?ワクワク!

最初っからカラメルを全部ドバーとかけてプリンを頂いたんですが、もうこれね、プリンじゃないですね。
プリンというよりクリームです。
やわらかーいカスタードクリーム。
スプーンで食べるカスタードクリームです。
食べるっていうよりもクリームを舐めてる感じ。
美味しくないとかはありません。
むしろ味は美味しいんです。
食べてる感じがしないだけで。

もう少し、もう少しでいいから固さが欲しかったです。
生とろ・・・といえば生とろですがね。
でもこのやわやわな感じが、世の中の人には人気みたいでファミマの生とろプリンの評価はかなりいいそうです。
私の友達も超とろとろで美味しい!と言っていました。
好みの違いですかね・・・。
固めのプリンが好きな方は、無理だと思うー!

節分、落花生を使う地域は?

節分用の豆節分って、毎年してますか?
小さいお子さんがいる家庭なら、お父さんが鬼の役をやって毎年節分を楽しんでいるっていう方も多いかもしれません。

私は会社で毎年やるんですが、初めて家以外で節分をやったのが今の会社でした。
そんな会社での節分、私の中ではかなりのカルチャーショックがありました。
何がショックだったかって、豆です。
節分に使う豆が、大豆だったんです。
私はそれまで、節分に使うのは生まれてからずっと落花生しか使ったことがなかったんです。

実はこの違い、地域によってあるみたいなんです。
私の実家は東北なんですが、節分に使う豆は東北を境界線に大豆と落花生のふたつにわかれるそうなんです。
北海道、東北は落花生。
関東、近畿は大豆を使うのが当たり前なんだそうです。

地域によって、同じ食べ物でも食べ方が全く違ったりする事があるのは知ってましたがこういう季節の行事で使うものまで違いがあるとは知りませんでした。
しかもなぜか、こういう時って東北の方が馬鹿にされる確率が高いんですよね・・・。
東北=田舎っていうイメージが強いみたいです。

でも絶対、落花生のほうが後片付けも楽ちんで便利なんですよー。
やってみたら絶対、次から落花生でやろう!って思うはずなんだけどな。

インフルエンザに乳酸菌、効果は本当?

木のスプーンですくってるヨーグルト

この季節になるとインフルエンザの心配が毎年出てきますよね。
スーパーやコンビニで、R1とかの乳酸菌をまとめて買っていく人の姿をたくさん見かける季節でもあります。
でも乳酸菌って、本当にインフルエンザに効果があるんですかね?

R1とかの乳酸菌を取ると、予防接種と同じようにインフルエンザに感染した時の症状が軽くなるそうなんです。
体の中から防御力を高めてくれる、手軽で便利なものだってことですね。
だからみんな買っていくんですねー。

インフルエンザに感染すると、確かに辛いです。
熱もかなり高くなるし、苦しい。
予防接種やR1で感染した時に症状が軽くなるのはいいですけど、本当は感染しないことが一番いいですよね。
私自身もおととしにインフルエンザに感染して、すっごく具合が悪くてすっごく大変でした。
もう2度と感染したくない・・・と思うほど辛かったです。
なので去年、インフルエンザが流行する前に早めに予防接種を受けました。
インフルエンザの予防接種って、病院によって料金が違うところが嫌な感じですがおかげで今のところ感染はなし。
でも今が流行している時なので、これからが大事ですね。

しかしインフルエンザって、感染した時に症状を軽くするくらいのことしか私たちは自分でできることはないんでしょうか?
手洗いうがいをしっかりして、感染しないような努力はもちろんですが。
これなら感染しません!っていう注射とかあれば、病院によって料金が違くても今よりは納得できるような気がします。

昔の鏡餅とは大違い、サトウの鏡餅。

お正月の準備はもう終わりましたか?
私は昨日鏡餅を買ってきました。
おさるさんが着いた可愛い鏡餅です。

お猿がのった鏡餅

私の小さかった頃は、鏡餅って食べるのがかなり大変でした。
本当にお餅があの形に作られていたので、固くて切り割るのも大変。
父親に切ってもらって焼いてもらったりしたのを覚えています。

だけど今の鏡餅は、作られた形の中に小さなお餅が何個か入っていてすごく使いやすくなってるんですよね。
昨日買った鏡餅もそのタイプで、中身のお餅を取り出したら外側は簡単に潰して捨てられるようになってるんですよね。
食べるときや捨てるときは、かなり便利になりましたね。
私はお猿さんが付いている鏡餅を選びましたが、キティちゃんのやつもありました。
小さな女の子や若い女性には売れそうですねー。

でも私はなんとなく、昔のように鏡餅を食べたくて父親にせがんで頑張って切り分けてもらって・・・。
っていうのが、なんだか懐かしく思います。
父親は大変だったかもしれないけど、なんだかやってもらって嬉しかった記憶もあるので。
時代の流れとともに、色々と変わっていくものですね。
どんな鏡餅が主流になっても、鏡開きは楽しみです!